ホルモン剤はどんなものがあるのか分類ごとに紹介します

ホルモン剤には様々な物があるのですが、殆どが医療用に使われる物なんですね。その中でも、どんな物があってどんなことに使う事ができるのかということが気になりますね。ホルモン剤を用いた治療法も細菌では注目を受けていますしそれについてを紹介していきましょう。

■唾液腺ホルモン
唾液腺ホルモンを用いたホルモン剤で、主に治療手段としては胃下垂や変化性関節炎、進行性筋萎縮症などの治療に使われるホルモン剤となっています。薬品名としてポピュラーな物にはパロチンという物が代表的ですね。

■甲状腺ホルモン
甲状腺ホルモンを用いたホルモン剤で、乾燥甲状腺やリオチオニンナトリウム、レボチロキシンナトリムという物がありそれぞれ錠剤で取り扱われていることが多い物ですね。主に、治療対象としては下垂体性粘液水腫や、甲状腺機能低下症、単純性甲状腺腫、というような症状の治療に使われるんですね。

■上皮小体ホルモン
ウシの上皮小体、いわゆる副甲状腺から抽出した成分を用いたホルモン剤ですね。アミノ酸84種からなっているタンパク質製剤がもともとは上皮小体の機能低下などの治療に用いられていましたが現在は副作用が発見され販売中止になっています。今は、副甲状腺機能低下症の鑑別診断で使用されるゴウセイペプチド製剤が販売されているのみとなっています。

■ホルモン剤のそれぞれ
ホルモン剤は、分類によっては現在では使われなくなってしまっているような薬剤もあるのですが、今でも使われている薬剤もありますのでそれぞれの使い分けがとても有用になっているんですね。ホルモン剤というのは、もともと人体で働いている物ということもあって、様々な症状緩和に使うことができるのです。