下垂体ホルモンのホルモン剤はどのように使われているか

ホルモン剤、というのは様々な種類のものがありそれぞれの種類によって使いみちも変わるんですね。一般的な処方されるホルモンは、女性ホルモンなどが多いのですがそれとは少し違ったその中でも、下垂体ホルモンという種類のホルモン剤に着いてを紹介していきましょう。

■下垂体ホルモンとは何か
下垂体ホルモンには、それぞれ副腎皮質刺激ホルモン、成長ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン、乳腺刺激ホルモンの6種類が主になっていますね。このうち、それぞれ甲状腺刺激ホルモンと成長ホルモン、卵胞刺激ホルモンや法体系性ホルモンが医薬品として扱われています。

副腎皮質刺激ホルモンの場合は、もともとは駐車用のコルチコトロピンとして使われていたのですが、新しくサクサンテトラコサクチドやサクサンテトラクサクチド亜鉛注射液という物が開発され、医療用注射液として用いられることはなくなりました。

■医薬品として使われる下垂体ホルモンの役割
それぞれ、甲状腺刺激ホルモンは駐車用の製剤甲状腺機能の診断に使われ、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンは結成性や胎盤性、下垂体性の三種類の性腺刺激ホルモンとして使われているんですね。成長ホルモンに関しては下垂体性低身長症の特効薬として用いられているのが特徴とされています。

■下垂体ホルモンの用いられ方
下垂体ホルモンというのは、主に脳のホルモンの働きをコントロールしている下垂体から分泌される物です。体の成長だけではなく、体を正常に保とうとするような働きのホルモンのほぼすべてがここで司られており、そこから分泌されたホルモン剤は、どれも人体を正常に保つために使われる物とされています。