治療に使われるホルモン剤とは一体どんなものなのか解説

現代医療は様々な物が進んでいますが、その中でも特に加齢などによる症状を解決したり女性の生活における悩みを解決するなど様々なことに使えるのがホルモン剤ですね。ホルモン剤を用いた治療、というのは今注目を受けているのですがホルモン剤というのはどんなものなのかということを解説していきましょう。

治療に使われるホルモン剤とは一体どんなものなのか解説

■ホルモン剤とは何か
ホルモン剤、というのは生体の内分泌器官から分泌された全身の物質代謝を調節する化学物質のことをホルモン、というのですがこれを医薬品用に抽出して作り出したものを示した言葉です。ホルモン剤、というのは生体から分泌したものが殆どなのですがそれ以外ではなく、科学的に合成した人工の化学物質でホルモン様作用を持つようなものも開発されてきています。

アナウンス>>ホルモン剤の副作用 http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/

だから、ホルモン剤は現在は天然品と合成品と言うものが使用されているんですね。主に、ホルモン剤はホルモンの欠乏によって体の中で過剰に起こってしまう分泌機能障害などに対して、欠乏したホルモン剤を補充するために外部から投与するような治療をするというふうに使われることが殆どなんですね。

ホルモン剤、というのは本来のホルモン作用を用いた治療をすることのほかに一般的な薬剤と同じくそのホルモン剤自体が持っている薬理作用を持つ効果を期待して投与する、というような使い方をする場合も増えてきています。例を挙げると、ホルモン剤の中の副腎皮質ホルモンの一種であるコルチゾンという薬品は体内の抗炎症剤としても使われ治療はもちろんですが、外科手術治療の際にも使われたりして、単なるホルモン不足分を補うこと以外にも使われているんです。

■ホルモン剤の分類について
ホルモン剤は、様々な分類がされているようにたくさんの種類があるんですね。まず、内分泌する組織や器官による分類。そして物質ごとに違うという科学的分類。さらに、生理作用による分類というふうにわけられています。ホルモン剤には、科学的分類をするとタンパク質系ホルモン、ステロイド系ホルモン、その他という風な分類がされているんですね。

タンパク質系のホルモン剤には甲状腺ホルモン、唾液腺ホルモン、下垂体ホルモン、膵臓ホルモンなども含まれていますね。ステロイド系の分類は蛋白同化ホルモンや性ホルモン、副腎皮質ホルモンと言ったような物が分類されています。更に、結晶形として得ることが出来たホルモンは副腎髄質からとられたアドレナリンが一番最初なのですがアドレナリンはホルモン剤というよりはどちらかというと自律神経系に作用するような薬剤として知名度が高いですね。

ホルモン剤、というのは初期は動物の臓器や尿、血液と言ったような物から抽出した物が殆どなのですが、性ホルモンや福神非牛皮質ホルモンと言ったステロイド系ホルモン剤の合成されたものが盛んとなってきたんですね。逆に、化学構造が全然違うホルモン作用のあるものが発見されたことでより合成技術が向上することと共に、ポリペプチド系のホルモンも合成されるようになって、より医薬品としての使用頻度や発展がなされるようになりました。

■ホルモン剤のそれぞれの役割
ホルモン剤、というのは基本的に体内のホルモンバランスを整えることとして使われる物がメインですね。しかし、医療用に使われるようなホルモン剤はそれとはまた違い、単純にホルモンが作用するような物としても使われるなど、非常に様々な種類があるのが特徴的なんですね。